コンビニ後払いは業者にも顧客にも利用しやすい

  • コンビニ後払いは業者にも顧客にも利用しやすい

    • コンビニ後払いは、通信販売を利用した時の決済方法の1つです。



      業者側から商品が届いた後に、決済代行業者からコンビニ後払いの支払票が郵送されます。

      顧客側では制限期間内に支払票を持参して、コンビニのレジで商品代や決済手数料を支払います。



      コンビニ払いは、利用代金の上限が決められていることが多く、高額の買い物には向いていないこともあります。



      立て続けに何度も利用枠に近い額の買い物をしたり、支払いに設定している期間を守らないことが多々ある場合は、利用を断られたり、他の決済手段を使うように案内されることもあります。


      顧客側のメリットとしては、クレジットカードの情報を入力しないことで、情報漏れの不安が解消されますし、銀行振込時の手間もかかりません。


      代引きのように、決済のために確実に届け先で待たなくても良いので、拘束されなくても住みます。



      決済手数料はかかるものの、振込手数料より安価に済む場合がありますし、商品を確実に入手してから支払えるので安心です。



      対応するコンビニは、大手の店舗ならほぼ問題なく決済できるので、最寄りの店舗で支払えますし、コンビニは24時間営業なので、時間を気にすることなく決済手続きができます。

      コンビニ後払いのメリットは、販売する側にもあります。



      コンビニ後払いを扱う企業で、購入者の与信審査をした上で、商品代金を立て替え払いしてもらえ、請求や回収、支払いが遅れた場合の督促業務も任せることができます。



      確実に入金され、煩雑で手間のかかる業務を代行してもらえるため、本来の業務に専念することが可能となっています。



  • 関連リンク

    • AWSのホスティングを用いれば数分以内にサーバ尾を利用できるようになります。たとえば、数百から数千のサーバインスタンスを数分で動作させることができます。...

    • 小さなお子さんがいるご家庭では、次々と不要な子供服ができてしまいます。子供の成長は嬉しいものですが、次々に着られなくなった洋服ができてしまうのは悩みの種になっているのではないでしょうか。...